地面の下がった庭のため、築山を作ることで足元に「地形」という景色をつくる。

植栽は耐陰性のあるものを選び、個々が形良く見えるよう配置。

排水枡などが無かった為、地中に大きな排水層と自然透水桝をつくり、雨水を逃す暗渠をつくる。